西部署刑事 愛称「チョーさん・おやっさん」

伊豆諸島の八丈島にある八神署というという辺境の地に左遷されていたという異色の経歴を持つ初老の刑事。ベテラン刑事枠としては谷、浜に次ぐ3代目である。

実は南は城西署時代において大門の直属の上司であり、新人の大門を教育し磨き上げた恩師でもあった。部下想いの南であったがそれが幸いし、捜査上の部下のミスを庇うあまり感情的になり上司を殴ってしまったのだ。処分は前述の通り八丈島への左遷であったが、そこで燻っていた南を大門が恩返しのためか、西部署に引き入れたというストーリーになっている。ドラマシリーズとしては浜が殉職した後のPART-Ⅱの第36話からの登場となる。長年の経験と刑事としての勘は錆びておらず大門軍団において欠かせない存在となった。

南を演じる小林昭二はウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズなどで既に知名度があり、当時ドラマシリーズを見ていた子供世代にはすんなり受け入れられたのも小林ならではといえるだろう。最終回まで見事に大門軍団を支えた。