初代大門専用車マシンX

劇中ではPART-1第45話「大激走! スーパーマシン」で初登場する。

導入の経緯は、連続銀行強盗犯の使用している逃走車が違法改造が施されたマーキュリー・クーガーだった事だ。大門軍団の所有する車両では性能差のため追いつけず、挙句の経てに一般市民を巻き込む事故も起こしてしまった。この事件を契機に木暮課長はマシンXの導入を早めることとなった。

ベースモデル

KHGC211型

日産スカイライン2000GT TURBO・2ドアハードトップ(通称:ジャパン)

最高時速240km

定員1名

主な装備

  1. マイクロコンピューター
  2. 車載モニター
  3. 特殊無線
  4. サーチライト
  5. リモコン式スチルカメラ
  6. レーダースピード検知器
  7. 特殊発信ペイント弾発射銃
  8. 自動車電話
  9. 増設燃料タンク
  10. 増設メーターコンソール
  11. 遠隔操作式自爆装置

当時としては考えうる最先端の装備を施しており、まさに夢のスーパーマシンだった。

マシンRS-1

初登場はPART-Ⅱ・第16話「大門軍団フォーメーション」

大門軍団特殊車両ではマシンXに続き、スーパーZと共に導入された。

ベース車は日産・スカイラインDR30JFT型2000RSターボ・前期型(通称:ニューマンスカイライン)定員1名。

使用用途は犯人車両の追跡・攻撃はもちろんのこと、以下に列挙された当時としては最先端の技術が盛り込まれた。

  • 全方向回転式サーチライト
  • 赤外線サーモグラフィーカメラ
  • マルチバンド特殊無線機
  • 信号操作装置(前方の信号を青に変える)
  • ECM装置(犯人の電子機器を妨害する)

また後部座席には専用のコンピューターとCRTディスプレーが設置してあり、情報分析するにあたり以下の機能が備わっていた。

  • スペクトルアナライザー(電波を逆探知する)
  • 声紋分析装置
  • 前後追跡レーダー装置
  • 追跡車両予想進路表示

また、収集した情報は本庁のデータベースと繋がっており、リアルタイムにデータ照合することができます。

武装は口径20mm2連装マシンガンを助手席側ルーフに格納、

急加速装置としてアフターバーナーを装備し、最高速度(265㎞/h)まで僅か16.3秒で達します。

一般でもPC所謂パソコンは殆ど普及しておらず、収集したデータをその場で処理し画面上に表示するなどという概念が浸透していなかった。もちろんインターネットなどない時代のため、ネットワークを通じて捜査情報を共有するという描写は、当時の視聴者にとってはまさにSFの世界だったのではないだろうか。

RS-2

ベースはRS-1と同じDR30型スカイラインRSターボ。定員2名

リアバンパーからルーフ前方までを繋ぐループ状のアンテナを2本持ち、各種緊急無線の通信傍受や通信方式は不明だが海外通信も可能な車両だった。

助手席に各種コンピューターの操作パネルがあり、もう一人の乗員が操作できるようになっており、他車両とのチームワークで真の力を発揮する。

外見の特徴としてはループアンテナのほかに、格納式赤色灯を車体側面に装備し、必要時格納部から反転させて赤色灯を突出させる機構を持つ。大口サンルーフを備えているのも特徴で、身を乗り出しての射撃も容易である。

またRS-2の専用装備として4連装特殊弾発射筒トランク内部に格納)や改良型シグナルコントロール(進行方向の信号機を任意の色に変更できる)を装備している。

RS-3

ベースとなったのは、DR30型スカイラインの2ドアハードトップ2000RS。定員2名

RS-3はPART-2の第16話「大門軍団フォーメーション」で登場したマシンRSのリモデル版という位置づけ。前出の2台と違う点はエンジンがNA(自然吸気)であること、外装を他の2台のRSと揃えられており、赤色灯やエアロパーツなどを装着、ホイールも16インチのものに変更されている。

主な機能は

  • 全方位サーチライト
  • 暗視カメラ
  • 赤外線サーモグラフィービデオカメラ
  • 電波信号分析装置
  • 自動車総合管制システム

など、それらを制御する高性能コンピューターを搭載しており、ハイテクをふんだんに取り入れた「情報分析車」として活躍した。